【西暦2022年・平成34年】六白金星の人の吉方位と凶方位

公開日: : 最終更新日:2014/04/16 全九星の年の吉方位・凶方位

■西暦2022年・平成34年(2月4日から翌年の2月3日まで)■
六白金星の各方位の吉・凶
北・・・・大吉(健康運、人間関係運アップ)
北東・・・大吉(財産運、家庭運アップ)
東・・・・小吉(発展運、才能運アップ)
南東・・・小凶
南・・・・小吉(頭脳運、名誉運アップ)
南西・・・中凶
西・・・・中吉(金運、恋愛運アップ)
北西・・・中凶

スポンサードリンク

【年盤】でみた場合の、六白金星の人だけの吉方位、凶方位です。引越しや、転居・転勤、7日間以上の長期旅行などは、この年の方位を優先して、「今月・来月の運勢と方位」のカテゴリで月の方位も考慮しておくとベストです。

6日間以下の短期の旅行、出張・宿泊滞在などは、「今月・来月の運勢と方位」のカテゴリを優先しましょう。

2022年度の六白金星は、八方位盤上で北西の位置にいますので、北西が本命殺、南東が本命的殺という凶方位です。そして南西には歳破という凶方位があります。

この年は、五黄土星が中央にいるので、五黄殺、暗剣殺という凶方位がありません。

以上が代表的な凶方位です。細かいことや相談事があれば、じっくり占い師さんにみてもらいましょう~。

この年度の六白金星の吉方位は5つ!大吉も2つありますね(*´艸`*)。あなたにとって一番ベストなのはどの方位でしょうか?^^

スポンサードリンク

関連記事

【西暦2018年・平成30年】一白水星の人の吉方位と凶方位

■西暦2018年・平成30年(2月4日から翌年の2月3日まで)■ 一白水星の各方位の吉・凶 北・

記事を読む

【西暦2022年・平成34年】八白土星の人の吉方位と凶方位

■西暦2022年・平成34年(2月4日から翌年の2月3日まで)■ 八白土星の各方位の吉・凶 北・

記事を読む

【西暦2021年・平成33年】五黄土星の人の吉方位と凶方位

■西暦2021年・平成33年(2月4日から翌年の2月3日まで)■ 五黄土星の各方位の吉・凶 北・

記事を読む

PAGE TOP ↑