Co2添加やめました

公開日: : 最終更新日:2016/02/21 アクアリウム

水草水槽を始めてからかれこれ10年。いろいろと試行錯誤してやってきました。今や当たり前?のように皆さん添加しているCo2ですが、私も4,5年は添加してたんです。

でも、やめちゃいました。

確かに水草の成長は早いし、育てられる水草の種類のはばが広がります。

なぜやめちゃったのかというと・・・。

スポンサードリンク

 

ただ単に、邪魔臭い(笑)というのが主な理由です。

なんていうんでしょう、水草水槽って、照明、フィルター、ヒーター、ってあって、それからCo2って、設備が多い多いヽ(´Д`;)ノアゥ…

なんだかもう手術中みたいです。

一時期は、ヒーターもやめてしまったんですが、これだと魚種まで限られてしまうので、水槽によってはヒーター付けてます。
Co2添加やめてよかったのは、長期維持の楽しさを覚えました。

そもそもADAのネイチャーアクアリウム信者でしたので、(今でも好きですよ)短期間で水景を作ってはリセットをたくさんやってました。

それはそれで楽しいんですが、どうも生き急いでいる自分に気づきました。
どういうことかというと、水景を完成させることに執着しすぎていて、「早く育てぇ~、早く育てぇ~、綺麗に育てぇ~」と日々念を送ってしまうわけですよ(笑)

で、満足して楽しめるのはリセットする直前、水景を完成とみなした時だけなんです。

つまり、日々鑑賞して楽しむということをほとんどしていませんでした。

ADAのコンテストのためにやっている時は、余計にその傾向が強かった気がします。
CO2添加しているときは、毎日「早くキレイになれぇ~~~」だったのが、

CO2添加やめてからは、毎日「あ~キレイだなぁ」って感じで毎日鑑賞を楽しめるようになりました。
私のようになってしまっている方は結構多いんじゃないかなと思います(笑)
水草や魚を追加する楽しみだったり、繁殖していた時の驚きだったり、アクアリウムそのものを楽しむようになりましたかね。

設備が増えるとメンテナンスもそれだけ増えますからね。
人それぞれですが、私は今のスタイルに落ち着きました。

出窓において、照明もフィルターもヒーターも一切何もつけないでやってみたこともありましたが、太陽光は強すぎてコケがでやすいし、照明を当てたときのようなキレイさに欠けました。

それからフィルターなしだと、水中に黒いモヤモヤ~っとしたものが発生するようになるんです。小さなスポンジフィルターでもまわしてやるとすぐに消えるんですが。

なので、照明、フィルター、ヒーターのみのスタイルに落ち着きました。
いろいろと試行錯誤しているときも楽しいですから、結局はじめたときからずーっと楽しいんですけれどね(*´艸`*)

スポンサードリンク

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑